沖磯遠征マジでアメリカ大陸見えるかな???モンツキダイGET!!!残り五分の苦悩・・・

今日は以前より計画していた

沖磯遠征に行って来ました

いつもの金曜日は遠征に備えて体力温存

そして当日

今日は

LFK会長で前日から岬でエギングしてたスーパータフガイシップさん

我がチビザル師匠

とのコラボ釣行

沖磯初心者のマーボォーに取ってはかなり強い味方です

某所で待ち合わせ

当然僕は一時間前に到着お二人をお待ちしていました

そして・・・チビザル師匠が到着

少しだべってると・・・

シップさんが到着

なんと今日はチビザル師匠の超快適高級車でお送り頂きました

岬のセバスチャン・ローブの異名を持つチビザルさんさすがのドライビングテクで

ナミナミに注がれたコップの水を一滴も漏らさないそのテクは快適そのもの

軽快なトークを続けるお二人に反し

僕は少し、うつろうつろ・・・

いつの間にか現地に着いてました

少し出船に時間があるので車の中で仮眠

僕も少し寝ましたが、シップさんの寝込みの早さには脱帽しました

流石どのような状況にも適応出来る柔軟さを持つお方です!!!


ふっと気が付くと

当たりは少し明るくなりチビザルさんがせっせと準備しています

出遅れたーとばかりに飛び出し

僕も準備

周囲に止められた沖磯釣師の皆さんも黙々と準備しています

そして出船

湾内はかなり穏やかでしたが・・・

少し沖にでると・・・

大波!!!

左半身に大波をかぶり早速沖磯のキビシさを教えられました

小一時間走り

目当ての磯に着くと船頭さんに「チビザル師匠 チビザル師匠」

とマイクで呼び出し

早速磯に降り準備開始

手馴れたお二人はパッパッと準備を済ませ

ショアジギ開始

僕はサラシめがけてミノー投入!!!

いろいろサラシを目指してミノーを投入するもなかなか当たらず

そのうちシップさんもミノーに変更

シップさんと僕に魚不明の当たりがあり

それを聞いたチビザル師匠もミノーに変更

その二投目!!!

さすがチビザル師匠!!!沖磯でまさかの鮎カラーミノーでいきなり当たりの正体を暴きました

45cm位のモンツキイサキ

で僕も頑張ってミノー投げて

なんとかGET!!!
2012_0701_054850AA.jpg
45cmモンツキイサキ

祝沖磯釣行初魚玉眼
なんか少し高級魚らしいです
刺身が楽しみです

その後もよく当たりがあるもののなかなかフッキングせず

フッキングに至ってもバラス始末

チビザル師匠はこの間に2匹追加・・・さすがです!!!

しばらくするとタマメの当たりも無くなり

再びサラシめがけてミノーキャスト開始

何投目かで

ミノーにアタックしてくる魚影が!!!


ヒラシーバスであることは明らかなのですが

大げさにアタックしてくる割に当たりは

コン

と極小の当たり

3回同様の当たりが続いた後

再び沈黙

ここで船頭さんが船で現れ磯変えの希望をとり

チビザル師匠と初心者マーボォーで移動

次のポイントもいいサラシが出来て

いかにもいそうなポイント

しかし!!!

釣り開始15分

目の前にダイビングの船が・・・

目の前で船から4人のダイバーが潜り・・・

まったく釣りにならず

しばし休憩

小一時間たちダイバーの船が移動したところで

再び船頭さんが現れ磯変えの希望を取り

二人で移動

最終ポイントはすでに大波・・・

干潮にもかかわらず足元まで潮が上がってきそうな勢い・・・

たたみ5畳分ほどの岩場・・・

後ろは高さ10mはあろう断崖

前は今にも足元さらわれそうな波が襲い掛かる高さ5mはあろう絶壁

まさに背水の陣

ライオンはかわいい、子供ライオンを千尋の谷に落とすといいますが
まさに落とされた子ライオン・マーボォー

マジでここで降りるんですかー

と問い掛ける間もなくチビザル師匠と磯に降り

いざとなったら「VS嵐」みたいにロッククライミングしなきゃねー
なんて冗談言いながら
波の恐怖と戦いながらショアジギ


しかしサラシも広範囲に広がり

ヒラシーバスもガボッと出そうな勢い

ながら・・・

全くあたりが無く

時々デカイダツがミノーを襲ってくるのみ・・・

しょうがないので

モンツキイサキの集合写真を撮ったり
2012_0701_130311AA.jpg
どうやって食べるかチビザル師匠は考え込んでました

ダベリながらもミノーをキャストしてました

そのうち
潮も高くなってきて
更に高い大波も沖から続々やってきます

もうそろそろ終了の時間・・・

島の間を縫って迎えの船が近づいてきた

そのとき!!!

心折れることなくザウルスのマグナムレックス イワシカラーをジャークし続けてきた

マーボォーの竿に激震が!!!

いきなりWB103HSが胴から曲がります!!!

どうやら70cm位のハマチのようで

前のフックと後ろのフックに一本づつ食いついて暴れています

ミノーで一荷釣り状態

足元でかかったので手前から大暴れしそうなハマチを強引に引き抜こうとすると・・・

一匹はずれ・・・抜き上げ時にもう一匹はずれ・・・

キープ出来ずにいると

迎えの船はもうすぐそこまで来ています

チビザル師匠とミノーを投げますがチェイスはあるものの

乗らず

群れもどこかへ・・・

もう10分間時間があれば次の群れに出くわし沖磯青物が取れたのにと

悔しがる僕たちを無常にも船は拾い上げて逝きます

・・・船中爆睡

帰りの車の中でももう少し時間があればとの話で盛り上がり

無事帰還

モンツキイサキの刺身が楽しみです!!!

沖磯最高にワイルドでした

シップ会長さん
チビザル師匠

またよろしくお願いします!!!



追記・・・

文中にモンツキイサキなのにタマメと表記してしまいました
高級魚タマメ様に対して誠に申し訳ございません!!!
訂正してお詫び申し上げます

ジャロには言わないで下さいね!!!

正確にはクロホシフエダイというらしいです
そこそこ旨いとのことで刺身にして食べたところ

旨かったです!!!

ご指摘いただいたえぼさんとシップさんに感謝申し上げます

今後も何か間違いがあったらなんなりとご指摘お願い申し上げます



スポンサーサイト
プロフィール

マーボォー

Author:マーボォー
76年9月生まれ
趣味は釣りとスノボーです
好きなものは、家族と魚と車と加藤諦三の一言です
へたくそですが、ルアーで釣った愛媛の旨い魚を紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター